チクチクプロジェクト L'Herbier


a0076043_21284434.jpg
去年の8月から始めたクロスステッチは未だに続いています。
仕事から帰ってからのしばしの自由な時間をあてる楽しみ。
もう取り憑かれています(笑)
かの「ろんどんらいふ」のmappetさんも「永遠にチクチクできる!!」とおっしゃっていましたが、
私も時間が許されるのであれば何時間もOK!夜更けまでついついチクチクしてしまいます。

根気がない私でも、クロスステッチだけは別物で、まっさらな布地に一針一針刺していくと、
徐々に素敵な絵柄が浮かび上がっていくのが面白くてたまらないのです。

暮れにパリにいらしたsakuraさんにお願いして買ってきていただいた
Le Bonheur des Damesのハーブのシリーズ "L'Herbier"です。

54cm×46cmの大作で、布地を広げた時にはあまりの大きさでひるみそうになりましたが、
前回の作品がプチポワンの細かいものだったので、クロスステッチは絵柄がさくさくと進み楽勝です。

爽やかな季節に間に合わせるために、春を待ちわびる2月からこつこつと始めました。








a0076043_212921.jpg
まずはセンターのバジルから始めました。
大きな葉っぱから上に伸びるバジルのお花が繊細なのです。
本物の植物をよく観察してデザインされているから、色の組み合わせの美しさにも納得しながらチクチク。
a0076043_212998.jpg
中央の絵柄が終わったら、フランス語の文字でぐるりと内側のラインを作っていきます。
a0076043_21291788.jpg
香り豊かなアニス。
ケーキやクッキーなどの菓子類やパン、カレーや魚介類の料理にも使用される香辛料です。
同じグリーンでも、質感の違いがクロスステッチでも体感できます。
a0076043_21292448.jpg
グリーンのハーブシリーズの中で、一際鮮やかな植物は『ほうずき』。
フランス語では"Physalis"と言うのですね。フランス語の勉強にもなります(^^;)
a0076043_2129319.jpg
枝先にぶら下がるようなピメントも愛らしいでしょ。
a0076043_21293917.jpg
これはリコリスとも呼ばれる「甘草」。
地中海地方、小アジア、ロシア南部、中央アジア、中国北部、北アメリカなどに自生するマメ科の多年草で、
生薬の甘草はそのまま、またはエキスや粉末を甘味料として用いられ、お醤油の甘味料として使われるそうです。
a0076043_21295532.jpg
ワイルドタイムの“serpolet”
a0076043_2130585.jpg
目標の5月初旬に出来上がりました。早く額縁に入れて飾りたいなぁ♪

[PR]
by dianas7 | 2009-05-11 22:35 | ■ライフ | Comments(0)
<< 母からのプレゼント♪ Mother's Day >>