杏の花が咲きました

c0128548_0384446.jpg
大雪の日から2週間が経ち、真っ白な雪で覆われた町からようやく雪が消えようとしています。
降りしきる雪の重みで我が家の庭の杏の木は、幹の根本から裂けてしまいました。
c0128548_0393137.jpg
通常だと3月20日前後に咲く杏を、室内でつぼみの観察をしながら春を待つ日々。
ダメもとで倒れた杏の枝を壺に入れて窓際に置いていたら、芽を破って薄緑から徐々に白いつぼみへ。
木の上では気付かないつぼみの変化を間近で見ることができました。
今日の暖かさも影響し、春めいた日差しを受けて小さな花を咲かせました。
c0128548_0401214.jpg
絶体絶命のピンチの時でも、根をしっかり下ろして美しい花を咲かせられる人になりたい、
と凛と咲く杏の花に勇気づけられました。
c0128548_119949.jpg
お雛様たちもなんとなくほっとしたようなお顔に見えるのは気のせい?
c0128548_12012.jpg
今年から伊万里の小さな陶器のお雛様とお内裏様が仲間入りしました。
ちょいとプレッシャーを感じる 父からのプレゼントです。

[PR]
by dianas7 | 2014-03-01 00:40 | ■ライフ | Comments(0)
<< 鎮魂の日 三年目の3.11 別府を味わう ~ 早春の坐来・... >>