「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

check point

c0128548_1333557.jpg
エルサレムから8km南に下がるベツレヘムの町にやってきました。
検問所のcheck pointのこちら側はパレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区。
イスラエルがある日突然「安全」のために作った高い壁に阻まれています。

われわれは日本のパスポートを見せるだけでスルーパスできるけれど、
パレスチナ側から出ようとするパレスチナ人が何時間も待たされて何百人も行列していました。
彼らの苦しみを目の当たりにした瞬間でした。

パレスチナ人の友達は、この壁に阻まれたベツレヘムを「青空刑務所」だと言っていました。
許可がなかなか下りず、ベツレヘムから出られない人がたくさんいます。
昨夜一緒に食事をした方(キリスト教徒)は、エルサレムにクリスマスとイースターに行きたくても、
一度も行ったことがないそうです。
なぜならば、許可証が降りないからです。

「なぜ???」
「家族の一人が殺されたので、報復のためにテロを起こす危険があると見られているから。」だと。
犯罪を犯すような激しさのない普通の人間。普通の人間を犯罪者のごとく仕立て上げるのです。
愛する家族を何の理由もなく至近距離で銃で撃たれ、今も忘れることなく悲しみの中にいます。

「壁がなかったら何をしたい???」と語りかけたら、
「自由に、自由に、自由に、いろんな場所に行き、大切な人にあって、面白いものを見て、
楽しい時間をすごしたい!」と言っていました。

私たち日本人にとっては当たり前のことも、ここに住む人にとっては憧れと夢。
その解決法を見つけることは、果てしなく難しく何もできない自分に絶望を感じそうになるけれど、
今日も出会う人に耳を傾け、彼らの苦しみに寄り添うことができたら・・・と思っています。

話したいこと、伝えたいこと。たくさんあります。
少しづつ写真と共に発信していきますね。

これから生誕教会の洞窟のミサに行ってきます。
この洞窟はキリストが生まれた場所です。紛争の地で生きる人のために祈ります。

[PR]
by dianas7 | 2012-02-29 13:44 | パレスチナ | Comments(4)

聖墳墓教会より

c0128548_5472470.jpg
エルサレムからベツレヘムに移って、ようやくインターネットが接続できるようになりました。
早くも聖地の旅は折り返しです。

信仰心の薄い私でも、エルサレムにいると超早起きをして聖墳墓教会のミサに毎日行ってます。
5時起きして、早朝のOld cityを駆け抜け、キリストが屠られた教会に一目散に向かって、
「十字架の道行き」の終点のヴィア・ドロローサの第14留のイエスが墓に収められたところにある聖堂でごミサに預かってます。
毎日違う言葉でのミサです。
日曜日はイタリア語、月曜日はドイツ語、今朝はフランス語のごミサ。

写真は、磔にされたキリストの十字架が立てられ、息を引き取った場所だそうです。
祭壇の下に女性が潜っているのがわかりますか?
イコンと銀製の輪が置かれてあり、世界中から集まった信者がキスをしたり、祈りを静かに捧げています。

早朝にもかかわらず、多くの人が集まる聖墳墓教会。
感動の波を味わえます。
明日の朝はベツレヘムの生誕教会の洞窟でのミサに行ってきます。
朝7時半のミサだから、ちょっと寝坊ができます♪♪

[PR]
by dianas7 | 2012-02-29 05:49 | イスラエル | Comments(2)

中東の旅へ

c0128548_9384280.jpg
人生二度目のイスラエルとパレスチナの旅に出発します。
今度も大学生12人と共に出掛けます。
イスラエルとパさレスチナの若者達と合流して、平和のための対話の旅を行う予定です。

紛争の地である現地で、
分離の壁で苦しむ人々や貧しい子供の施設を訪問したり、学生たちにはイスラエルとパレスチナそれぞれの家庭でホームステイをさせます。

どんな出逢いがあるのか、去年出会った仲間達との再会もとても楽しみです!

激動の中東を肌で感じながら、沢山写真を撮ってきます。

では行ってきます!
[PR]
by dianas7 | 2012-02-23 09:37 | パレスチナ | Comments(8)

四万温泉 雪景色

c0128548_19125665.jpg
粉雪が舞う、古き佳き時代の温泉日本建築「積善館」。
「千と千尋の神隠し」のモデルとなった温泉宿です。
夜に撮影したときには、湯ばあばが出てくるような怪しい風情が印象的でしたが、
夜が明けると一転、凛と張りつめた空気感が漲ります。

四万温泉は東京駅からバスに乗って約4時間弱。
伊香保温泉からさらに1時間バスに揺られてたどり着く、山深い温泉地です。
湯巡りするには本当に楽しく、街のあちらこちらに「足湯」があったり「飲泉」があったり、
江戸時代から湯治場として親しまれてきた四万温泉では、
今に生きる私たちも大地からわき上がる「湯」の恩恵を受けることができます。

宮崎駿原作の「千と千尋の神隠し」の大好きなあなた!
是非、訪れて謎解きをするのもおすすめです。
身体が冷えたら、宿の中に点在するお風呂に入って身を沈めてほーーーーっと和むのも最高!!

明日からしばらく海外に遠征に行くので、じっくりと温泉を堪能し垢を落としてきました。
イスラエル・パレスチナを二週間旅したあと、ベルギー・フランスを旅する予定です。
今週末はたぶん砂漠にいます。

では雪景色。ご覧下さい。
c0128548_19564482.gif

c0128548_2095017.jpg
c0128548_2010044.jpg
c0128548_20101236.jpg
c0128548_20102474.jpg
凍り付く滝。
c0128548_20105187.jpg
川の水は限りなく透明に近いブルー。
c0128548_20112349.jpg
しんしんと雪が降る中、肩を寄せ合って足湯で暖を取るカップル。羨ましいわ~♪
c0128548_20134776.jpg
先日、テレビで「四万温泉」を紹介されたときに、取り上げられていた「焼きまんじゅう」のお店。
c0128548_2014361.jpg
お団子という触感ではなく、パンみたいな食感。
甘みそのタレがたっぷり塗られて、おばあちゃんが炭火で香ばしく焼いてくれます。
c0128548_20161190.jpg
焼きまんじゅうのお店からしばらく歩くと、お雛様を飾っているお店を発見。
一足早くお雛様を見ることが出来て、幸せ。女の子の幸せが詰まっているお雛様。
c0128548_2018439.jpg
お店の中には、女将さん手作りのつるし雛のお飾りが天井からいっぱいぶら下がっていました。

c0128548_20185264.gif

撮影二日目は雪が止み、真っ青な青空が広がり、雪景色が鮮やかに映ります。
c0128548_20214158.jpg
積善館から100メートルくらいのところにある川です。
ゴーゴーと流れる水の音が、宿泊した部屋からもよく聞こえました。
c0128548_20215344.jpg
うさぎのあしあとだ!
この場所にすっかりはまってしまい、シャッターを何度切ったことか。
雪原の上に創られた自然のシルエットの美しさに初めて気付くことが出来ました。
c0128548_20221233.jpg
c0128548_20222273.jpg

c0128548_20243142.jpg
c0128548_20244032.jpg
c0128548_20244821.jpg
目の前に聳える「四万川ダム」
くねくねとした雪道を歩き、上まで歩いていくと・・・
c0128548_20254158.jpg
出会ったのはなんと!!!日本カモシカ!!!
天然記念物に出会ったのは、人生で初めて!!
カメラを向けて、そーっと近づいて望遠レンズに変えて撮ってみても、全然逃げることなく、
あどけない表情で見つめ返してくれました。
c0128548_20272540.jpg
ひたすら雪道を歩いて、辿り着くと。。。足がすくみます。(冷汗)
c0128548_2028128.jpg
雪に覆われたダムの湖面に、凍りつきつつある碧い水。頑張って歩いてきたから見られたこの光景です。
c0128548_20294928.jpg
雪をかぶっていない蒼い穴のような水面の真上までやってきて、望遠レンズでのぞき込んでみました。
相当な距離があるし、カメラを向けながら吸い込まれそうで本当に怖かった~。。。
c0128548_20311444.jpg
山の澄んだ空気を思い切り吸い込み、千と千尋の世界をもう一度心の中に思い描く湯の旅。
もう一度訪れてみたい湯の里でのひととき。大地の恵みを思う存分堪能できる素晴らしい旅となりました!

[PR]
by dianas7 | 2012-02-22 20:35 | 群馬県 | Comments(4)

四万温泉 積善館

c0128548_0322380.jpg
「千と千尋の神隠し」のモデルとなった四万温泉の積善館。
c0128548_0344295.jpg
300年以上前から愛されたロマン溢れる湯宿です。
c0128548_038738.jpg
こちらの灯りは明治初期に作られた「登録文化財」の「元禄の湯」の灯りです。現代遺産浴室だそうです。
中は大正ロマネスクを用いて、アーチ型の窓と高い天井がとってもステキ。
どこからか湯ばあばが出てきそうな怪しげな空気感。
c0128548_0412273.jpg
右の建物に宿泊しました。
重要文化財の湯宿で、イマドキの宿泊施設に馴染んでしまった身にはちょっと異次元の雰囲気を味わえます。
昔の人の過ごし方。簡素だけれど、身体の心からじんわり温かくなる時間を過ごせます。
c0128548_0455395.jpg
お風呂上がりにちょびっと宿の周りを散策してみました。
気温は氷点下でめっちゃ寒かった!
この酒屋さんはお宿の向かいのお店です。ここもレトロな世界そのもの。

日中の雪が凍って路面はつるんつるん。
三脚を持って転ばないように気をつけながら撮影。
c0128548_0493581.jpg
なんだか遠い昔の時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。
c0128548_0523313.jpg
このお宿の作りは迷路がふるぐるあるみたいでとっても複雑です。
このトンネルを抜けて、お風呂にたどり着きます。
c0128548_054047.jpg
はぁぁぁ~♪
美肌のお湯。最高のお湯でした~
撮影で冷えた身体をお湯に沈め、この日3度目のお風呂。
身体はぽっかぽかだしもちろんお肌はつやつやです(笑)


[PR]
by dianas7 | 2012-02-20 01:00 | 群馬県 | Comments(6)

立春のTea time

c0128548_170736.jpg
今日は立春。「春はなのみの風の寒さや」

早春賦の歌の通りの寒さですね。
風は冷たくても、日は延びてきて春が一日一日近づいている感じ。

土曜日の午後のティータイムの日の光も温かく感じます。


今日の午後のお茶には竹口要さんの作品のお茶セットで。
小さな豆皿にちょびっとおやつを。
紅茶はHarney & Sons のHot Cinamon Spiceをチョイスしました。
寒い季節にシナモンのスパイシーな香りが身も心も暖めてくれるようです!!


[PR]
by dianas7 | 2012-02-04 17:04 | ■ライフ | Comments(10)