「ほっ」と。キャンペーン

タグ:東日本大震災・被災地 ( 8 ) タグの人気記事

鎮魂の日 三年目の3.11

c0128548_182425.jpg
鎮魂の2014年3月11日。

c0128548_181925.jpg
東日本大震災で被災された方々に心を寄せるために、「一般財団法人 連帯東北・西南」主催の自立支援シンポジウムに参加し、
石巻・南三陸・気仙沼・浦戸諸島で被災された方々のお話を伺いました。
c0128548_18471.jpg
パネリストの皆さんもご家族を失い、癒えない悲しみを抱えながら、理不尽な死を自分に納得させるために、
今日を、この瞬間を一生懸命生きる・・・

勇気をもって語り、復興が供養だとおっしゃる方もいました。
悲しみの3年間は普通の人の時間軸とは桁外れのものだったでしょう。

c0128548_19960.jpg
3年目を迎え、被災地はお金と物資は充足していても、いじめ、不登校、夫婦のDV、孤独死、と問題も山積み。
「心のケア」をどなたも訴えられていました。

c0128548_193472.jpg
"「3.11」を忘れない"というメッセージが叫ばれているけれど、
忘れてはいけないのは、世界中からの支援が来たことへの感謝の言葉。していただいたことへの感謝の言葉だと。

未来に希望を持っていた犠牲者に祈りを捧げ、未来を生きる方々に心を寄せ、今年も足を運び、懐かしい方々に会いに行こうと思います。

[PR]
by dianas7 | 2014-03-11 23:05 | ■記念日 | Comments(0)

LIGHT UP NIPPON 2013 in 大槌町

c0128548_15781.jpg
東日本大震災から2年5ヶ月。静かな夜のとばりが降りる頃。
c0128548_1595275.jpg
「東北を、日本を、花火で、元気に。」 をキーメッセージに、
8月11日の夜、東北の太平洋沿岸14個所で、「追悼」と「復興」の祈りを込めて、一斉に花火を打ち上げました。
c0128548_204390.jpg
大槌の夜空に打ち上げられた花火は、一発一発多くの人の思いを乗せて。。。
前日の豪雨でできた湖のような大きな水たまりに花火が映り込み、真っ暗な夜空と大地を照らすたびにわき上がる歓声!
c0128548_22716.jpg
普段は車が一台も止まらない場所に、車を止めてじっと空を見つめる人々。
どんな思いで空を見上げているのでしょうか。

c0128548_2121648.jpg
土台だけになってしまった元の住処で、お弁当を広げて花火をしていたご家族に出会い、
一緒に花火を観させていただきました。
c0128548_2135144.jpg
楽しいイベントに笑顔は弾け、女の子たちは思う存分手持ちの花火を満喫していました。
c0128548_217473.jpg
昼間、公民館で演奏された、大槌高校のブラスバンドの
~空に花、大地に花~の素晴らしかったこと!
計り知れない悲しみをこらえ、涙をぐっとこらえて演奏する彼らの姿は本当に立派でした。私の涙腺は完全に崩壊。。。
c0128548_224325.jpg
一緒に花火を観ていたご家族の一番上のお嬢さんもブラスバントを演奏していたと伺い、
あまりの偶然に驚きました。
花火を観ながら語られた夜の光景とご家族の静かな語り。。。一生忘れられない夜になりました。

[PR]
by dianas7 | 2013-08-14 01:55 | 岩手県 | Comments(0)

遙かなる海 ~鵜の巣断崖~ sanpo

c0128548_2052555.jpg
切り立った五枚の大きな岸壁が弧を描くように太平洋に突き出てそそり立つ『鵜の巣断崖』
長い年月をかけて打ち寄せる波に洗われ、五連の屏風のような造形美を醸し出しています。
c0128548_20531021.jpg
2011年3月11日。あの日から2年3ヶ月。
山に囲まれた三陸沿岸の小さな町は、美しいふるさとを、膨れあがった怒りの海に一瞬にして
赤子の首をひねるように全てを押し潰されてしまった。
愛する人、家族、大好きな友達、自分たちの家を、逃げまどう人々を
あっという間に海の向こう側に飲み込まれてしまった。
c0128548_20532288.jpg
自然の脅威にうなだれるようになすすべもなかったあの日のこと。
決して忘れることはできません。
c0128548_20533355.jpg
未だ大震災と津波、放射能の爪痕に苦しむ東北の地。
ここで生きる人々が、再び力強く立ち上がり、希望をもって生きる力を持ち続けられますように。
c0128548_20534758.jpg
天国へ旅立った多くの方々の霊魂が 慰められますように。

[PR]
by dianas7 | 2013-06-11 22:42 | 岩手県

キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅 ~宮沢賢治の夢の駅~ sanpo

c0128548_22552464.jpg

c0128548_1482939.jpgカンパネルラ田野畑駅
宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』の主人公の友だちの名前から命名された駅名です。
陸中海岸国立公園を代表する景勝地北山崎方面や、サップ船アドベンチャーが出向する「ホテル羅賀荘前」へも歩いて10分ほど。
ここが最寄り駅になります。
c0128548_1441945.gif


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2013-06-10 23:59 | 岩手県 | Comments(8)

北山崎 ~サッパ船アドベンチャー!~ sanpo

岩手県の陸中海岸北部の景勝地の北山崎は、断崖絶壁が約8kmにわたって続きます。
JTB(財団法人日本交通公社)の全国観光資源評価の「自然資源・海岸の部」で国内で唯一、
最高ランクの特A級に格付けされた景勝地です。
c0128548_21241933.jpg
変化に富んだ北三陸の海岸美が楽しめる絶景です。
c0128548_21244440.jpg
ここの目玉はなんといっても「サッパ船 アドベンチャー体験」!
鮑やワカメの漁に使われる小型の磯舟「サッパ船」に乗り、切り立った岩礁のそばをすり抜けたりするクルーズです。
北山崎の展望台からは、クルーズを楽しんでいる船を見下ろせました。
c0128548_21251669.jpg


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2013-06-09 22:17 | 岩手県 | Comments(2)

3.11

c0128548_1493329.jpg
Today, 2 years have passed since the huge earthquake, tsunami and nuclear accident in North East Japan.
This unprecedented disaster disrupted many lives, families, homes, jobs, and daily lives of many people.

From all over the world, assistance and encouragement, from even the poorest countries, were provided to Japan.
I was so touched.

I pray for all the victims, families and the people affeced by disaster.
May God help them in this challenging times.

写真は岩手県大槌町。2012年8月23日撮影。

[PR]
by dianas7 | 2013-03-11 01:50 | ■ライフ | Comments(0)

【復興支援・急募!!】毛糸を集めています!

c0128548_193100.jpg
大槌町のボランティアセンターの方から、毛糸が欲しいと連絡がありました。
仮設住宅の女性達が、寒い冬の間、編み物をしながら過ごせるように、是非ご協力ください!

うちに毛糸があるよ~!という方がいましたら、ご一報ください。
宜しくお願いします

[PR]
by dianas7 | 2012-12-05 01:06 | ■ライフ | Comments(0)

大槌町より「松ぼっくり」のおとどけもの

c0128548_034316.jpg
From the residence of temporary house in Otsuchi- cho(North East of Japan),
cute work has been sent! !

Warm atmosphere and preferences of the person who made sense to use the pine cones ♪
cute piece was created by combining colorful fabrics♥

岩手県の大槌町の仮設住宅のみなさんから、かわいい作品が送られてきました!!
...
松ぼっくりを使って、色とりどりの布地を組み合わせて作られたかわいい作品♪作った方のセンスや好みが伝わるような温かい雰囲気。。。

これからの秋から冬の季節、みんなで手仕事が出来るように、松ぼっくりや布地が欲しいそうです。家にある着物の端切れ(絹地)、パッチワークの布地など、手元にありませんか?もしあるよ〜という方は是非ご一報ください。松ぼっくりは東京にはいいものはあまりないので、松ぼっくりも大募集!!

[PR]
by dianas7 | 2012-10-08 00:32 | ■ライフ | Comments(0)