「ほっ」と。キャンペーン

タグ:自然 ( 21 ) タグの人気記事

王ヶ頭 〜幻想的な雪山の夕景と朝焼け〜

c0128548_11441073.jpg
美ヶ原高原の最高頂 2034mの王ヶ頭。
早春といえども、雪に覆われた大地は零下12~5℃の極寒の地。

360度の大パノラマからは富士山も南アルプスも噴煙をあげている浅間山も眺められるとっても贅沢な場所です!

今回の旅は会社の写真部の撮影会で訪れました。


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-22 07:45 | 長野県 | Comments(0)

王ヶ頭 ~2034mの夕景~

c0128548_01054208.jpg

360度の大パノラマを見渡せる 王ヶ頭の夕暮れ






続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-20 01:18 | 長野県 | Comments(0)

王ヶ頭 ~樹氷~

c0128548_00371503.jpg

王ヶ頭ホテルの前の樹木は

まるで真っ白なクリスマスツリーのよう



More
[PR]
by dianas7 | 2014-03-20 00:33 | 長野県 | Comments(0)

王ヶ頭 ~雪上車クルージング~

c0128548_23151062.jpg

冬の美ヶ原は一面の銀世界

何処までも続く「大雪原」を南極探検にも使用されている雪上車に乗ってクルージングを楽しみました!

ホテルの無料サービスのイベントです。

 (12月末~3月下旬まで毎朝開催)




続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-19 23:40 | 長野県 | Comments(3)

美ヶ原高原 王ヶ頭へ

c0128548_228896.jpg
美ヶ原高原の最高頂 2034mの王ヶ頭。
3月といえども、雪に覆われた大地は最低気温零下12~5℃の極寒の地。
360度の大パノラマからは富士山も南アルプスも噴煙をあげている浅間山も眺められるとっても贅沢な場所です!

東京から松本までは長距離特急バスで。
松本から王ヶ頭までは王ヶ頭ホテルのお迎えのバスで山頂へ約1時間半、車窓を楽しみながらの道中です。
ホテルがある王ヶ頭は自然保護区域のため、マイカー規制があります。


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-19 22:54 | 長野県 | Comments(0)

日光での出来事

c0128548_0521067.jpg
10月8日の出来事です。思いがけない出来事に遭遇しました。
イタリアから来日していた友人の家族と日光に行ってきました。翌日はイタリアに帰国してしまうので、日本情緒を味わえ、かつ都内からアクセスのいい場所に・・・という選択で。
私は小学校の修学旅行で日光に行ってないし、初めての経験。しかも外人をガイドして大丈夫???と心配してましたが、一緒に旅行気分を味わいました。東照宮で質問を投げかけられると困ったけれど・・・

紅葉を求めて、竜頭の滝まで足を伸ばしました。ダイナミックな滝は紅葉し、素晴らしい情景を眺めて、龍頭の激しい流れのほとりを歩いて写真を撮っていたら・・・目の前を歩いている女性がばたっと倒れ、異常を察知した友人のお兄さんが走ってパパを追いかけました。女性は長い階段で心筋梗塞を起こしてしまったのです。

救急車が来るまでの12分間、医者である友人のパパが人工呼吸と心臓マッサージを行い、一命を取り留めました。担ぎ込まれた後、女性の息子さんからお電話があり、脳梗塞も併発し、意識がなく厳しい状態は続いていました。もしパパの的確な判断が無ければ99%即死だったそうです。初めての日本での旅の最後に信じられない出来事に遭遇しましたが、友人家族の結束の強さ、人の命を全身全霊で助けるパパの姿勢、あの場に一緒に過ごすことが出来た奇跡は、一生忘れられない出来事です。

救急車を私が呼んだので、救急車が去った後は警察の尋問も受けました。イタリア語しか話せないパパの言葉を友人が英語にし、その言葉を私が警察に伝える連携プレーというシーンもありました。

女性のその後の経過は。。。
倒れた日から二日間は全く反応はなく、大変厳しい状態でした。
倒れた二日後にかすかな反応があり、急遽心臓の手術をしました。その日は女性の50歳の誕生日!
その二日後に意識を戻し、食事をしたそうです。意識を戻した日はなんと友人のお母さんの誕生日!

あの日から20日目に退院してご自宅に戻りました。心臓手術が成功し、麻痺もなく元気に歩いているそうです。しばらくは自宅で安静にしているそうですか、目覚ましい回復力は凄い!!
元気になったら、イタリアの偉大なドクターに会いに行って、お礼を言いに行きたいとおっしゃっていました。
息子さんたちは親孝行をもっとしたいと。家族が再生する様子を拝見できたのはとても嬉しいことでした。

普段は冷静なパパも、意識を取り戻したと伝えたときには感情的になって号泣していました。
あの場所にいた偶然は今も不思議でたまりません。滝の傍で写真を撮ってなければもっと早く素通りしていたし、お兄さんが異常を察知しなければ通り過ぎてしまっていました。ドクターのパパがあの場所にいたのも凄い偶然!

あの日は友人達にも話をし、いろんな方が人ごとじゃない!と祈ってくれました。
元気で家に帰れるのは当たり前だと思っていたけれど、突然命を落としかけてしまうこともあるのだと。

健康は大事。つくづく感じました。
[PR]
by dianas7 | 2013-10-30 00:50 | 栃木県 | Comments(2)

等々力渓谷 ~緑のトンネル~

通常よりも2週間も早く梅雨明けしてしまいました!
今日は七夕。
織姫さまも彦星さまも一年に一度の逢瀬を楽しんでいるのでしょうか。

ぎらぎら太陽、朝から30度以上もあって、猛烈な暑さにくらくらしそうな日曜日です。
つかの間の静けさと緑を求めて等々力渓谷へ。
c0128548_1119301.jpg
等々力駅から数分の場所にあるオアシス。
遊歩道の脇の階段を降りていくと、すでに温度が違うかも・・・
木々の緑が強烈な太陽を遮り、川に沿って吹く風がすーーっと涼しい空気を運んでくれて、ほっとします。

c0128548_11194654.jpg
川沿いの道を歩いていると、川に映る緑が目に優しい。
大地と谷との標高差は10メートルで、都内唯一の渓谷です。
すぐ傍には、世田谷区内の住宅街が控えているとは思えないほどの静けさです。
c0128548_1120296.jpg
斜面には、武蔵野の代表的な樹木であるケヤキ、しらかし、コナラ、イロハカエデ、ヤマザクラなどが
鬱蒼と生い茂っています。ところどころに湧き水も。。。

谷沢川に沿った小径は住宅街の人の通り抜けルートらしく、駅に急ぎ足で通り抜ける人もいます。
東京都内とは思えない静けさ、鬱蒼とした樹林と渓谷美の幽邃な景観です。

c0128548_1120169.jpg
さて、夏本番!
海開き、山開きの賑やかなシーズンが到来です。
皆様、お元気で楽しい夏を満喫しましょう!

[PR]
by dianas7 | 2013-07-07 11:21 | 東京都 | Comments(4)

The Water Drop of Lourdes

c0128548_0354152.jpg
ルルドの聖地巡礼の旅から戻られたIさんから私の手元に届いたのは、The Water Drop of Lourdes
色鮮やかなガラスのDropを手のひらに載せるだけで、
特別なお恵みをいただくような気持ちになります。
金のマリア様のおめだいも、かつてルルドから届いた私の宝物。
いつも肌に身につけ、マリア様に護っていただいています。

パープルのDropはdaikanyamamariaさんに、グリーンは大切な友達に手渡しました。

c0128548_0355923.jpg
一つ一つ、職人さんが息吹をかけ、手作りしたガラスのDropに
マリア様が祝福された「ルルドの聖水」をその場で注ぎ込んだジュエリーです。


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2013-06-22 00:00 | フランス | Comments(0)

過去ログ

c0128548_205777.jpg
Facebookにつぶやいていたような写真とテキストをブログに貼り付けてみました。
何気なく日常はどんどん過ぎていってしまいますが、どの日も振り返ってみるととても愛おしい。

2012年3月から2009年1月までエントリーしました。
First Blogからの大量の画像と記事も少しづつこちらに掲載しようと思います。
もしお時間がありましたらご覧下さい。

写真は神奈川県川崎市・生田緑地からの眺めです。

[PR]
by dianas7 | 2013-06-20 00:51 | 神奈川県 | Comments(0)

厳美渓 ~幻想的な夕暮れ~ sanpo

c0128548_1161874.jpg
刻々と変わる雲の色、厚み、なんとも幻想的な空は激流が生み出す雲なのでしょうか。
それはそれはなんとも神秘的で、うまく言葉が見つかりません。

厳美渓は世界遺産となっている平泉にほど近い、一関にある渓谷です。


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2013-06-12 23:35 | 岩手県 | Comments(2)