タグ:雪景色 ( 10 ) タグの人気記事

王ヶ頭 〜幻想的な雪山の夕景と朝焼け〜

c0128548_11441073.jpg
美ヶ原高原の最高頂 2034mの王ヶ頭。
早春といえども、雪に覆われた大地は零下12~5℃の極寒の地。

360度の大パノラマからは富士山も南アルプスも噴煙をあげている浅間山も眺められるとっても贅沢な場所です!

今回の旅は会社の写真部の撮影会で訪れました。


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-22 07:45 | 長野県 | Comments(0)

王ヶ頭 ~2034mの夕景~

c0128548_01054208.jpg

360度の大パノラマを見渡せる 王ヶ頭の夕暮れ






続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-20 01:18 | 長野県 | Comments(0)

王ヶ頭 ~樹氷~

c0128548_00371503.jpg

王ヶ頭ホテルの前の樹木は

まるで真っ白なクリスマスツリーのよう



More
[PR]
by dianas7 | 2014-03-20 00:33 | 長野県 | Comments(0)

王ヶ頭 ~雪上車クルージング~

c0128548_23151062.jpg

冬の美ヶ原は一面の銀世界

何処までも続く「大雪原」を南極探検にも使用されている雪上車に乗ってクルージングを楽しみました!

ホテルの無料サービスのイベントです。

 (12月末~3月下旬まで毎朝開催)




続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-19 23:40 | 長野県 | Comments(3)

美ヶ原高原 王ヶ頭へ

c0128548_228896.jpg
美ヶ原高原の最高頂 2034mの王ヶ頭。
3月といえども、雪に覆われた大地は最低気温零下12~5℃の極寒の地。
360度の大パノラマからは富士山も南アルプスも噴煙をあげている浅間山も眺められるとっても贅沢な場所です!

東京から松本までは長距離特急バスで。
松本から王ヶ頭までは王ヶ頭ホテルのお迎えのバスで山頂へ約1時間半、車窓を楽しみながらの道中です。
ホテルがある王ヶ頭は自然保護区域のため、マイカー規制があります。


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2014-03-19 22:54 | 長野県 | Comments(0)

Snowy Valentine's day 2014

c0128548_210285.jpg
先週の大雪の雪がようやくなくなったと思ったら、予報通りの再びの大雪。
バレンタインデーの未明から降り出した 真っ白な雪は ひとひら ひとひら しんしんと。。。
見上げる樹木にまとう雪の美しさ。。。
c0128548_2105236.jpg
雪国みたいな景色に嬉しくなってしまい、5D MKⅡを持って近所をカメラ散歩してみました。
「小枝チョコレート」のホワイトチョコレートみたい(^^)
c0128548_211237.jpg
すでに10センチは超えているかな。
降りしきる雪の勢いは衰えず、私はいつの間にか雪まみれ。
しかも、タオル持たずにいたからカメラはびちょびちょ。。。
c0128548_21218100.jpg
純白の雪の景色は凛として力強く 
そして
 すがすがしい。
c0128548_2163242.jpg
近所のお寺さんも一面の銀世界に包まれて・・・
c0128548_2133083.jpg
お手入れの行き届いた松も 真っ白い雪帽子を。
c0128548_214157.jpg
お地蔵さん達もひっそりと 地域の平和を 見守ってくれているのでしょう。
c0128548_2145768.jpg
わたしのあしあと。(^^)
曲がりくねってて 私の人生みたい。

雪 ウレシ
されど 春恋イシ。

[PR]
by dianas7 | 2014-02-14 21:46 | 神奈川県 | Comments(0)

記録的な大雪

c0128548_18425426.jpg
ソチオリンピックの開幕からまもなく降り出した雪・・・

未明から降り出した雪はしんしんと・・・
c0128548_18483732.jpg
朝目が覚めて、カーテンを開けるとすでに5センチの積雪。

c0128548_18463675.jpg
お隣の屋根も、真っ白いお布団みたいな厚さに・・・今まで見たことがないこの大雪。。。
首都圏で25センチ以上の大雪になるのは45年ぶりだとか・・・
c0128548_18513555.jpg
生け垣の低木に雪に覆われると どこか遠い雪国にいるみたい♪

[PR]
by dianas7 | 2014-02-09 18:39 | ■ライフ | Comments(4)

Snowy Day

c0128548_1231998.jpg
It's snowing in Tokyo on Coming-of-Age Day!!!!!!!!
Big fluffy flakes but coming down fast, alternating with tiny ones.
Too wet and warm for any accumulation.

c0128548_1242839.jpg

雪の粒がフワフワと飛んでいるけど、あまり積もりそうもない、と写真をアップしてしばらく経ったら
あっという間に積もってきた!
予報では東京・横浜は雨だったけど、すでに2cmは積もってます。
from my room.
accumulating now!!
c0128548_127096.jpg


[PR]
by dianas7 | 2013-01-14 01:21 | 神奈川県 | Comments(0)

四万温泉 雪景色

c0128548_19125665.jpg
粉雪が舞う、古き佳き時代の温泉日本建築「積善館」。
「千と千尋の神隠し」のモデルとなった温泉宿です。
夜に撮影したときには、湯ばあばが出てくるような怪しい風情が印象的でしたが、
夜が明けると一転、凛と張りつめた空気感が漲ります。

四万温泉は東京駅からバスに乗って約4時間弱。
伊香保温泉からさらに1時間バスに揺られてたどり着く、山深い温泉地です。
湯巡りするには本当に楽しく、街のあちらこちらに「足湯」があったり「飲泉」があったり、
江戸時代から湯治場として親しまれてきた四万温泉では、
今に生きる私たちも大地からわき上がる「湯」の恩恵を受けることができます。

宮崎駿原作の「千と千尋の神隠し」の大好きなあなた!
是非、訪れて謎解きをするのもおすすめです。
身体が冷えたら、宿の中に点在するお風呂に入って身を沈めてほーーーーっと和むのも最高!!

明日からしばらく海外に遠征に行くので、じっくりと温泉を堪能し垢を落としてきました。
イスラエル・パレスチナを二週間旅したあと、ベルギー・フランスを旅する予定です。
今週末はたぶん砂漠にいます。

では雪景色。ご覧下さい。
c0128548_19564482.gif

c0128548_2095017.jpg
c0128548_2010044.jpg
c0128548_20101236.jpg
c0128548_20102474.jpg
凍り付く滝。
c0128548_20105187.jpg
川の水は限りなく透明に近いブルー。
c0128548_20112349.jpg
しんしんと雪が降る中、肩を寄せ合って足湯で暖を取るカップル。羨ましいわ~♪
c0128548_20134776.jpg
先日、テレビで「四万温泉」を紹介されたときに、取り上げられていた「焼きまんじゅう」のお店。
c0128548_2014361.jpg
お団子という触感ではなく、パンみたいな食感。
甘みそのタレがたっぷり塗られて、おばあちゃんが炭火で香ばしく焼いてくれます。
c0128548_20161190.jpg
焼きまんじゅうのお店からしばらく歩くと、お雛様を飾っているお店を発見。
一足早くお雛様を見ることが出来て、幸せ。女の子の幸せが詰まっているお雛様。
c0128548_2018439.jpg
お店の中には、女将さん手作りのつるし雛のお飾りが天井からいっぱいぶら下がっていました。

c0128548_20185264.gif

撮影二日目は雪が止み、真っ青な青空が広がり、雪景色が鮮やかに映ります。
c0128548_20214158.jpg
積善館から100メートルくらいのところにある川です。
ゴーゴーと流れる水の音が、宿泊した部屋からもよく聞こえました。
c0128548_20215344.jpg
うさぎのあしあとだ!
この場所にすっかりはまってしまい、シャッターを何度切ったことか。
雪原の上に創られた自然のシルエットの美しさに初めて気付くことが出来ました。
c0128548_20221233.jpg
c0128548_20222273.jpg

c0128548_20243142.jpg
c0128548_20244032.jpg
c0128548_20244821.jpg
目の前に聳える「四万川ダム」
くねくねとした雪道を歩き、上まで歩いていくと・・・
c0128548_20254158.jpg
出会ったのはなんと!!!日本カモシカ!!!
天然記念物に出会ったのは、人生で初めて!!
カメラを向けて、そーっと近づいて望遠レンズに変えて撮ってみても、全然逃げることなく、
あどけない表情で見つめ返してくれました。
c0128548_20272540.jpg
ひたすら雪道を歩いて、辿り着くと。。。足がすくみます。(冷汗)
c0128548_2028128.jpg
雪に覆われたダムの湖面に、凍りつきつつある碧い水。頑張って歩いてきたから見られたこの光景です。
c0128548_20294928.jpg
雪をかぶっていない蒼い穴のような水面の真上までやってきて、望遠レンズでのぞき込んでみました。
相当な距離があるし、カメラを向けながら吸い込まれそうで本当に怖かった~。。。
c0128548_20311444.jpg
山の澄んだ空気を思い切り吸い込み、千と千尋の世界をもう一度心の中に思い描く湯の旅。
もう一度訪れてみたい湯の里でのひととき。大地の恵みを思う存分堪能できる素晴らしい旅となりました!

[PR]
by dianas7 | 2012-02-22 20:35 | 群馬県 | Comments(4)

四万温泉 積善館

c0128548_0322380.jpg
「千と千尋の神隠し」のモデルとなった四万温泉の積善館。
c0128548_0344295.jpg
300年以上前から愛されたロマン溢れる湯宿です。
c0128548_038738.jpg
こちらの灯りは明治初期に作られた「登録文化財」の「元禄の湯」の灯りです。現代遺産浴室だそうです。
中は大正ロマネスクを用いて、アーチ型の窓と高い天井がとってもステキ。
どこからか湯ばあばが出てきそうな怪しげな空気感。
c0128548_0412273.jpg
右の建物に宿泊しました。
重要文化財の湯宿で、イマドキの宿泊施設に馴染んでしまった身にはちょっと異次元の雰囲気を味わえます。
昔の人の過ごし方。簡素だけれど、身体の心からじんわり温かくなる時間を過ごせます。
c0128548_0455395.jpg
お風呂上がりにちょびっと宿の周りを散策してみました。
気温は氷点下でめっちゃ寒かった!
この酒屋さんはお宿の向かいのお店です。ここもレトロな世界そのもの。

日中の雪が凍って路面はつるんつるん。
三脚を持って転ばないように気をつけながら撮影。
c0128548_0493581.jpg
なんだか遠い昔の時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。
c0128548_0523313.jpg
このお宿の作りは迷路がふるぐるあるみたいでとっても複雑です。
このトンネルを抜けて、お風呂にたどり着きます。
c0128548_054047.jpg
はぁぁぁ~♪
美肌のお湯。最高のお湯でした~
撮影で冷えた身体をお湯に沈め、この日3度目のお風呂。
身体はぽっかぽかだしもちろんお肌はつやつやです(笑)


[PR]
by dianas7 | 2012-02-20 01:00 | 群馬県 | Comments(6)