「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Music ( 8 ) タグの人気記事

オペラ ☆☆☆『春琴抄 』観賞しました。

c0128548_1124485.jpg

谷崎潤一郎原作 のオペラ『春琴抄』を観賞しました。
日本オペラ協会主宰 藤原歌劇団のプリマの家田紀子さん主演。


More
[PR]
by dianas7 | 2014-03-30 11:43 | ■イベント | Comments(0)

オペラ☆☆☆「アイーダ」鑑賞しました。

c0128548_14134831.jpg

立川市民オペラ公演2014
ヴェルディ『アイーダ』
(全4幕/原語上演・字幕付き)

2014年3月15日(土)17時開演
2014年3月16日(日)14時開演
たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール

§主な出演(15日/16日)
アイーダ:庄智子/日隈典子
ラダメス:上本訓久/山田精一
アムネリス:諸田広美/森山京子
アモナズロ:牧野正人/青山貴

演出:直井研二、指揮:古谷誠一
立川管弦楽団、立川市民オペラ合唱団
合唱指揮:小澤和也 他


立川市民会館リニューアル・オープンを記念し、ヴェルディの傑作・歌劇「アイーダ」を上演。
2010年以来2回目となるアイーダは、直井研二による新演出。
日本を代表するソリスト陣と市民が創り出す感動の舞台を鑑賞しました!
c0128548_14143848.jpg
エジプトの王女 アムネリス役の森山京子さんのお誘いで ヴェルディのアイーダを観賞させて頂きました。
森山先生から、一人でじっくり観賞しなさい、とオペラの味わい方を諭されて以来、
今回も”お一人様 オペラ鑑賞の贅沢。。。☆☆☆”三時間以上の演目をのめり込みました。
c0128548_1415668.jpg
市民オペラならではの、市民が作るコーラス、子どもたちのバレエ、多くの人が作り上げたオペラの後には
ソリスト達の感動のカーテンコール。
何度も何度も盛大な拍手と共に、観客からの「ブラボー!!ブラボー!!」の声。
c0128548_14153050.jpg
愛と嫉妬の炎に燃え狂うアムネリス。
最後は最愛の人を恋敵と共に死なせてしまう切なさ。。。

森山さんの王女の風格と迫力の声は素晴らしかった!
終演後に楽屋にご挨拶して、興奮のさめやらぬショットを撮らせていただきました♪

[PR]
by dianas7 | 2014-03-16 19:12 | ■イベント | Comments(2)

ポンテ・ノーリ 門下生発表会

c0128548_2335399.jpg
藤原歌劇団の家田紀子先生が主宰する、ポンテ・ノーリの門下生の第14回目の発表会が代々木上原のムージ・カーサで開かれました。
c0128548_23103098.jpg
一年をかけてオペラのレッスンを重ねられた門下生の皆さん。
それはそれは難しい曲の連続…
いかに大変な練習をされていたか、そして家田紀子先生のテクニックと音楽を生徒さんを通じて感じる時間でした。
毎年発表会の観客席に座っていると、生徒さんの上達が去年よりもさらに巧くなり腕を挙げているのがわかります。
c0128548_2318650.jpg

美しい衣装に身を包み、オペラの舞台の主人公のように振舞い歌うひととき…
緊張と熱気に包まれながらも、最後まで歌いきった後の表情はやり遂げた者だけの栄光の瞬間…
c0128548_2353697.jpg
四時間を越えるコンサートのラストは、上級者の皆さんによる オペラ「ランスへの旅」
嬉しさと楽しさと感動の皆さんの歌声は素晴らしかったです!!
c0128548_004782.jpg
生徒さんのご披露が終わって、晴れやかにごあいさつされる紀子先生。
c0128548_01595.jpg
出演された皆さんによるごあいさつ。
今年も熱意溢れてる技の競演と美しい歌声をありがとうございました!!
また来年の発表会でお会いできることを楽しみに。

[PR]
by dianas7 | 2013-08-04 00:07 | ■イベント | Comments(0)

オペラ☆☆☆「おしち」鑑賞しました

c0128548_20293470.jpg
家田紀子さんプロデュースのオペラ「おしち」のハイライトの舞台を観てきました。
江戸の頃、恋のために放火し、火炙りの刑に処せられた
八百屋の娘おしちの切なく悲しい恋物語。

日本語のオペラだから、意味もよく分かるし、衣装もセットも仕草も江戸風。
しばし江戸時代に誘われているような気分になりました。
家田紀子さんの切ない歌声にこちらまで胸がきゅーんとしてしまう。

火事の夜に襲われそうになったおしちは、助けてくれた吉三郎さんの優しさに一目惚れ
別れた後も逢いたくて逢いたくて
恋しい吉三郎さんに再会するには、「火」をつけたら出会えるのでは。。。
と火付けの大罪を犯してしまったおしち。
彼女の恋はその後注目され、小説、浄瑠璃、歌舞伎、舞踊にと語り継がれました。
c0128548_20293423.jpg
今日のハイライト公演は文京区のチャリティー公演で、収益金は文京区の社会福祉協議会にご寄付されました。
おしちは信濃出身ですが、文京区白山の円乗寺におしちのお墓があり、
今もおしちを想う方々からのお花とお線香が絶えない。
文京区にとってもゆかりの人だそうです。

満席の会場からは、拍手喝采のカーテンコール。
拍手が鳴りやまず、何度も何度も繰り返すカーテンコールは
家田紀子さんの優雅さと美しさが際だっていました。

[PR]
by dianas7 | 2013-06-23 23:10 | ■イベント | Comments(2)

オペラ☆☆☆「仮面舞踏会」鑑賞しました。

2013年はジュゼッペ・ヴェルディ生誕200年にあたるメモリアルイヤー。
毎年、著名な作曲家の生誕や没後何周年という記念の年が大きく取り上げられ、世界中の音楽界がその作曲家の作品を演奏会や録音で幅広く紹介される。

ヴェルディ・イヤー記念第1弾として、藤原歌劇団「仮面舞踏会」の公演を鑑賞しました。

2013年2月10日
於:東京文化会館

藤原歌劇団公演
ヴェルディ「仮面舞踏会」
演出:粟国 淳
指揮:柴田真郁

リッカルド:村上敏明
レナート:堀内康雄
アメーリア:野田ヒロ子
ウルリカ:森山京子
オスカル:大森智子
シルヴァーノ:江原 実
サムエル:若林 勉
トム:小田桐貴樹
合唱:藤原歌劇団合唱部
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

藤原歌劇団 仮面舞踏会 フォトアーカイブ
[PR]
by dianas7 | 2013-02-10 16:27 | ■イベント

ヘンゼルとグレーテル

c0128548_0475886.jpg
藤原歌劇団の森山京子先生にお誘いいただいて、文京シビックホールの『ヘンデルとグレーテル』のオペラを観に行ってきました。幕の最初からちらっちらと姿を見せても3幕になるまで一切声を出さない魔女。風貌と目の動きだけで見事に演じていました。
カーリーヘアにお菓子のような飾りを付けた森山先生は、はしごに登ったり降りたり、動きも激しいのに、コミカルな声でおどけたり、情感たっぷりの余裕のある声量で圧倒的な存在!ヘンデルとグレーテルは新人の歌手を対象にしていた舞台なので、森山先生は押さえの役回り。ほうきではなく、掃除機を背負い、掃除機の柄にまたいで会場の階段を疾走したのは爆笑でした。

童話の世界にタイムスリップしたみたいに、子供達と一緒に楽しめるオペラでした。お腹をぺこぺこに空かせて森に入り込んでしまったヘンデルとグレーテル。美味しいお菓子の甘い誘いにはご用心しないとね。魔女に丸焼けにされちゃうわ。

写真は楽屋から出てきた合唱に参加した子供達に挨拶する森山先生。
子供達から「魔女だ~!!!」と指さされながらにこやかに挨拶されていました。
[PR]
by dianas7 | 2012-11-03 00:48 | ■イベント | Comments(0)

オペラ☆☆☆「夢遊病の女」鑑賞しました。

c0128548_16193233.jpg
めてのお一人様オペラ鑑賞。
藤原歌劇団公演 ベッリーニ作曲の夢遊病の女

ベッリーニの美しい音楽に名匠川口直次の写実的な舞台が見事にマッチし、大好評を博した「夢遊病の女」

9月8日 新国立劇場オペラパレスでの公演

アルプスの山並みを背景とした爽やかな舞台で、高橋薫子をはじめとする出演者の熱唱が繰り広げられ、会場は喝采に包まれました。


1940年代のスイスの小さな村が舞台で、甘くロマンティックなセットとキャストの豪華さにうっとり。

出演者の森山京子さんの歌声で夢心地のオペラの世界に誘ってくれてました。

日本オペラ振興会 公演レビュー photoアーカイブ
[PR]
by dianas7 | 2012-09-08 16:18 | ■イベント

pianoman concert

a0076043_2322097.jpg
子供の日の夕方からpianomanのshigeさんmayさんのおうちにやってきました。
mayさんお手製の美味しいお夕飯の後には、
「BGMを選ばなくても、shigeさんが弾いてくれるんじゃない?」のダディーの一言でピアノマン・コンサートがスタート。

最初は練習がてらの「エリーゼのために」「トルコ行進曲」から始まり、
懐かしいクラシックの名曲からJazzまで、shigeさんの奏でるメロディーは幅広いのです。


続きを読む・・・
[PR]
by dianas7 | 2009-05-08 22:44 | ■ライフ | Comments(0)