人気ブログランキング |

旧華頂宮邸

c0128548_21274435.jpg
古き良き時代を偲ばせる洋風建築の「旧華頂宮邸」。
春と秋の年二回の建物内部の公開日に合わせて、会社の写真部の撮影会が行われました。
(庭園は月・火を除く毎日公開)。

昭和4年(1929年)に華頂博信侯爵邸として建設され、
神奈川県内の戦前の洋風建築としては鎌倉文学館(旧前田侯爵別邸)に次ぐ洋風住宅建築を代表するものだそうです。

外観はハーフティンバースタイルで、古典的なロマンティックなスタイルです。
洋館好きな私としては、通りから建物が見えたとたん小走りになりました。
c0128548_2326317.gif

登録有形文化財(建造物)
鎌倉市景観重要建築物(平成18年指定)
日本の歴史公園100選




c0128548_21281261.jpg
華頂宮ご夫妻が住まわれたのはたった数年。
報国寺からやや谷戸の奥に入る華麗な洋館です。
大正15年に華頂博信氏は大正15年臣籍降下し侯爵となりました。
華頂宮ご夫妻が住まわれたのはたったの数年だそうです。
c0128548_21282298.jpg
爽やかな風を感じさせる天文草と蘭。
c0128548_21283043.jpg
往時の優雅な生活を彷彿とさせるエレガントなランプ。
c0128548_21283896.jpg
アンティークの照明は繊細なデザインが施されて目を惹きます。
c0128548_21284670.jpg
地元のボランティアの方が総動員で館内の説明してくださり、ふむふむと耳を傾けながら窓の外を見ると、
鎌倉の鬱蒼とした緑が目に飛び込んできます。。
c0128548_21285622.jpg
さて、お庭に出るとハートの形に刈り込まれたトピアリー!!
ツツジが満開になったら、ピンクのハートに変身するのでしょうね♪
c0128548_2129386.jpg
テラスでは四季折々の花が咲き乱れるお庭を眺めながら珈琲を頂けます。


c0128548_23221033.gif

c0128548_22305775.gif■庭園公開
月曜・火曜を除く毎日(月曜・火曜が休日の場合は、翌日が休園日)
開園時間: 4月~9月 10:00~16:00
       10月~3月 10:00~15:00

■建物公開
春・秋に年二回程度

■アクセス
・JR鎌倉駅東口京急バス5番乗り場
 →・金沢八景駅行き・鎌倉霊園正門前太刀洗行き
   ・ハイランド循環のバスに乗車
  「浄明寺」下車、徒歩4分(報国寺の奥)
・鎌倉駅からは徒歩で約35分。
・鎌倉市浄明寺二丁目

■お問い合わせ 鎌倉市景観部都市景観課 TEL0467-61-3477
by dianas7 | 2010-04-12 23:05 | 神奈川県
<< 報国寺 潮騒の香りのリース >>