報国寺

c0128548_2116348.jpg
鎌倉には何度も訪れていながら、立ち寄ったことがない憧れの報国寺。
きらきら木漏れ日が差し込む苔むした斜面に、はらりはらりと舞い降りる桜の花びら。
一歩お寺に入ると別世界が広がります。




c0128548_21223034.jpg
本堂へと続く階段の脇は、力強い根が苔の間を這っています。
春の朝の日差しは優しい。
c0128548_21223954.jpg
いざ本堂へ。
桜はほとんどクライマックス。
c0128548_2122484.jpg
金魚をめがけて、つんつん(^^)
外国人の子供達も、やることは日本の子供と同じね。
c0128548_21225668.jpg
茅葺きのかねつき堂です。
ごーーーーん・・・
寺の隅々まで轟かせる音はすごいんだろうなぁ。
c0128548_2123416.jpg
静寂の竹のお庭。
孟宗竹の美しさと力強さは格別です。
c0128548_21231189.jpg
京都のどこぞのお寺にタイムスリップしたかのよう。
c0128548_21232091.jpg
旬の味覚、たけのこみっけ。
c0128548_21232997.jpg
竹のお庭を抜けると、足利一族のお墓(やぐら)にたどりつきます。
やぐらとは岩肌をくりぬいて造られた横穴式墳墓だそうです。
平地の少ない鎌倉特有の墳墓だとか・・・。
新緑にいろどられて、足利家時さんご一行も喜んでらっしゃるでしょう。

山あいからそよぐ音なき音を「山の音」と表現した川端康成。
報国寺のある「谷戸」は沢山の芸術家が暮らした谷間。
川端康成氏もその領内に住まわれました。
c0128548_21234091.jpg
さてさて竹のお庭を眺めながらひとやすみ。

古都鎌倉では一本の木々、草たちが歴史を語る。
ここ報国寺は足利公方終焉の地。
功名手柄をたて、「いざ鎌倉」と馳せ参じて、武運つたなく散っていった若き武士達。

彼らとしばし語らいながら、さわさわとそよぐ竹の音を聞きながらのお茶の時間。
心安らぐ静かな時間が流れます。


c0128548_2224238.gif

c0128548_2228261.gif報国寺
■拝観時間:AM9:00~PM4:00
■〒248-0003 鎌倉市浄明寺2-7-4
TEL 0467-22-0762
■アクセス
・JR鎌倉駅東口京急バス5番乗り場
 →・金沢八景駅・鎌倉霊園正門前太刀洗行き
   ・ハイランド循環のバスに乗車
  「浄明寺」下車、徒歩3分
[PR]
by dianas7 | 2010-04-14 22:29 | 神奈川県 | Comments(6)
Commented by akageno-ann at 2010-04-15 07:27
こんにちは・・素敵なアップを大変喜んでいます。
鎌倉の素晴らしさを伝えてくださって本当に嬉しいです!
思えばとても行きやすくなった場所です・・
新緑の鎌倉を訪れたくなりますね!
お写真本当にいつもながら素晴らしいです!
↓の記事も感動して拝見しました!
Commented by bisyoku-dogen at 2010-04-15 10:16
おはようございます♪
朝から、竹のお庭の素晴らしさに癒されています。
本当に素敵・・・。
実は鎌倉にはまだ行ったことがなく、いつも行きたいと思いつつも、なかなか機会がなくて。
この記事を読みながら、さらに行きたい度がアップしてますよ!!!
素敵なお写真で、今日も一日頑張れそうです^^
Commented at 2010-04-15 10:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dianas7 at 2010-04-15 21:13
☆annさん

こんばんは!コメントをありがとうございます。
この報国寺の竹のお庭の素晴らしさは、カメラでは表現しきれません!
実際の色をうまく出し切れていないようなきがします。
ここ数ヶ月カメラを手に取ることもなかったので、腕が鈍ってしまいました。
またぼちぼちカメラを持ってお散歩に行こうと思います。

新緑の鎌倉はまた格別ですね。
是非、清々しい季節をお楽しみ下さい。
Commented by dianas7 at 2010-04-15 21:15
☆カヨンちゃん

こんばんは!竹のお庭はいいわよ~
私の一押しです!前評判でこのお寺の良さは伺っていたので、
ワクワクしながら訪れました!

竹のお庭を眺めながらの一服もおつよ(^^)
カヨンちゃんのママを誘ってお散歩にいかが?

今日も一日、育児と家事をお疲れ様!
Commented by dianas7 at 2010-04-15 21:16
☆鍵コメさん at 2010-04-15 10:26

そういってくださって嬉しいです。
ありがとうございます!
美しい情景を見るとはっとするの。
久しく写真を撮っていなかったけれど、
眠っていた感覚が蘇ってきたような気がします。
<< 杉本寺 旧華頂宮邸 >>