人気ブログランキング |

嘆きの壁

c0128548_22593344.jpg
エルサレムの旧市街はまるで迷路みたい。
細い道を何度も角を曲がり、まるで迷宮のよう。
世界各国から集まる人々でごった返し、迷子にならないようにしながらようやく「嘆きの壁」へ。
金色に輝く「岩のドーム」が夕陽に照らされ、神々しい美しさを放っていました。

「嘆きの壁」はヘロデ大王時代のエルサレム神殿の外壁の一部です。
神殿はユダヤ教で最も神聖な建物でした。




c0128548_22594539.jpg
この日は金曜日でイスラエル軍に従軍している若者達は一時帰宅の日。
家に帰る前にユダヤ教の聖地である「嘆きの壁」に祈りを捧げにきているようです。

イスラエル人は18歳で高校を卒業すると、男子は3年間、女子は2年間の兵役につくことになっています。
軍服を着込み、集団で銃をぶら下げているのを見慣れないので、一瞬ぎょっとしました。
しかし、しばらく彼らを観察していると、仲間同士で楽しそうにお喋りし、はしゃぎ声まで聞こえてきます。
彼らに向かってカメラを向けると、日本にいる若者と大して変わらないのです。
c0128548_230484.jpg
嘆きの壁は女性と男性に分かれていて、男性のエリアには入れません。
しかし、男性と女性のエリアの中央のしきりのところに、椅子が置いてありしきりの向こう側をのぞけます。
真っ黒の毛皮の帽子をかぶり、真っ黒のロングのコートをきっちりと身にまとい、
ヘアースタイルはご存じの通りもみあげをくるくるとカーリング。
正統派の敬虔なユダヤ教徒は壁の目の前で頭を何度も何度も振りながら祈ってました。

あまり長いこと向こう側をのぞいていると怒られます。
数枚写真を撮って、女性側の壁へ。
c0128548_2301443.jpg
破壊された神殿の西の壁は石が積み上げられ、石と石の間には信者達の祈りの言葉が挟み込まれています。
c0128548_2302469.jpg
c0128548_2303541.jpg
c0128548_2304456.jpg
熱心に祈る人々がここにはいました。

嘆きの壁を訪れたのは、ちょうど震災から10日後の事でした。
未曾有宇の震災で被害に遭い、大切な家族を失った人々、家を失いさまよう人々、
余震の恐怖と見えない放射能の恐怖に怯え、将来の希望がもてなくなってしまった被災地の方が
再び復興へ導かれることを祈らずにはいられませんでした。

by dianas7 | 2011-06-15 23:00 | イスラエル
<< ユダヤ人 いろいろ ベツレヘムの無垢な瞳 >>