ユダヤ人 いろいろ

c0128548_22261496.jpg
「私、似合うかしら?」




c0128548_22262789.jpg
ユダヤ教徒が頭に乗せてかぶるお皿みたいな帽子は「キッパ」といいます。
嘆きの壁の検問を受ける直前のところで、「キッパ売り」の露天商が店開きしてます。
安い物から中東っぽいデザインのちょっと高いものまでいろいろ。
値切り交渉も粘れば成功する可能性があります♪

露天商のエリアを抜けると、イスラエル軍による検問が待ち受けてます。
さすがにカメラを向けるのは禁止されているので、カメラをバックにしまって通ろうとしました。
エックス線検査の後、バックをあけて中身チェック。
私の場合、一眼レフカメラと身の回りの品、不明なものは「ブロワー」でした。
銃を構えたいかめしい風貌のお兄さんが、ブロワーをさわって「しゅぽしゅぽっっ」と触ったときには吹き出しそうになっちゃいました(笑)

捕まったら怖いので、無表情で通過しましたけどね。
c0128548_22263483.jpg
ウルトラオーソドックスの超正当派のユダヤ人の親子。
暑くても頭には毛皮のような帽子をかぶって、ロングのコートを着込んでます。
この帽子はかなり重くてバランスをとるのが難しいようです。
髪の毛はもみあげを長く伸ばしてくるくるカーリングし、立派なお髭を蓄えています。
ズボンの裾を靴下の中に入れていたり。なんとも物々しい様子です。
c0128548_22264282.jpg

おしゃぶりしている男の子も、黒のツーピースをきちんと着込み、このとおり「くるくるカーリングもみあげ」です。
c0128548_22264923.jpg
ウルトラオーソドックスのお兄様方が目の前を通っていくと、思わず目を追ってしまいます。
びこういう世界を間近でみるのは初めてですから。。。

(確か、ベルギーのアントワープで「ユダヤ人」の集団をよく見たような気がしますが、
毛皮の帽子を被り、カーリングの髪の毛をしているウルトラオーソドックスの人を見たのは初めてです)
c0128548_22265664.jpg
そして、「嘆きの壁」の祈りのスペースでは、壁に何度も頭をぶつけるように祈るのです。
1秒1回のペースで頭を揺らしているので、脳みそがかなり揺さぶられるのでは??と心配になってしまいます。
c0128548_2227234.jpg
そうして敬虔な祈りを捧げた後に見つけたのは、双子用のベビーカーをお父さんの笑顔。
和やかな夫婦の様子がなかなかいいでしょ?

[PR]
by dianas7 | 2011-06-16 22:27 | イスラエル | Comments(10)
Commented by BelgianWaffle at 2011-06-17 06:08
オーソドックスのユダヤ人。アントワープにも結構いますよ。
ぱっと見はオーソドックスな人たち。

アントワープの観光地から少し離れたところを車で走っていると、
この格好の人たちを沢山見れます。

しかし、しゅぽしゅぽで危険人物扱いされなくて良かったですね。
「なんだこのしゅぽしゅぽするのは?貴様さては!」って・・・想像すると笑えます。
Commented by manapy5 at 2011-06-17 07:39
正統派のユダヤ教徒はこういう服装なのですか・・・
初めて知りました
今読んでいる本とリンクするので興味深く読ませていただいてます
Commented at 2011-06-17 13:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hale-pua at 2011-06-17 14:18
この服装は何度見ても、なじまない。。。 笑
何年見ても、見慣れることのできないファッション。

ユダヤ人ってどういう民族なのか興味だけはあります。

ロスチャイルドに、ロックフェラーに、そして派手さが見えない庶民の人たち。
そして、ヒットラーがどうして、そこまでして目の敵にし、
最後はヒットラーは敗北し・・・
千年以上だっても、なぜユダヤパワーが世界一なのか・・・・
さっぱりわからない世界だけど、興味だけはね・・・^^



Commented by dianas7 at 2011-06-18 01:13
☆BelgianWaffle さん

アントワープやオランダにはユダヤ人のコミュニティーが結構ありますよね。
アントワープに知り合いのおじさんがダイヤモンド商をやっていて、そのおじさんのオフィスに遊びにいったら、
シルクハットに黒ずくめのオーソドックスのユダヤ人がアタッシュケースに現金をぎっちり詰めてやってきてました。
ほんの10分足らずの時間に、信じられないほどの現金が動いているのを衝撃と共に覚えています。


しゅぽしゅぽ。。。
いじられた時には、冷や汗がでましたよ。
爆弾を持ってる危険人物と見られたんじゃないかと、ひやっとしましたわ。。。
この日以降、持ち物検査で余計な不信感を抱かれないように、ブロワーをバックにいれるのをやめましたよ。
Commented by dianas7 at 2011-06-18 01:14
☆manapyさん

ユダヤ人の服装には段階があるんですよ。
普通の服装のままでいる人、
普通の服装に丸い小さな帽子をかぶっている人、
黒ずくめの服装にシルクハットをかぶっている人、
そしてウルトラオーソドックスの方々。

日本ではまず見かけない風貌なので、異様に感じます。
Commented by dianas7 at 2011-06-18 01:15
☆鍵こさん at 2011-06-17 13:46

ぷぷぷ・・・♪
HNナイスです。
私もとっても楽しみにしています!
Commented by dianas7 at 2011-06-18 01:20
☆hale-puaさん

この服装は日本で生活していると、まず目にすることはない
異様なファッションですからね~。
自分たちが彼らのエリアに踏み込んでみると、
日常生活中でもこの格好をしているのが不思議でならない感じがしました。

ユダヤパワー・・・
一言では語れない摩訶不思議の世界ですね。
Commented by miyu at 2011-06-20 23:14 x
こんばんは!
すごい‥
初めて見るものばかりで、楽しませてもらいました!
この前、友だちがポーランドに行って来たので、少し話を聞いたのですが。確かこのキッパという帽子のことを言っていたような気がします。
それにしても、ウルトラオーソドックス‥ほんとうにすごい。。。
Commented by dianas7 at 2011-06-21 10:37
☆miyuさん

実物が目の前を通り過ぎるときには圧倒されたよ~
ポーランドもユダヤ人が沢山いるでしょうね。
ウルトラ・・・の毛皮の帽子はバランスをとって歩くのがかなり難しいらしいよ。
<< アラビックなお店 嘆きの壁 >>