OLD CITY in Jerusalem

c0128548_20354264.jpg


夏至の訪れと共に、梅雨明けのような暑さとなりましたね。
うだるような暑さですが、「節電」しなければいけませんね。
我が家は夜8時過ぎまでテレビだけつけて真っ暗な中で過ごしています。
貧乏たらしいけれど、外灯から漏れてくる明かりでも意外と大丈夫なものです。

さて、前回はベツレヘムのおみやげ屋さんの一こまをご紹介しました。
今回はイスラエルのエルサレムの中心的存在の「OLD CITY(旧市街)」をご紹介しましょう!

OLD CITYはキリスト教徒地区、イスラム教徒地区、ユダヤ教徒地区、アルメニア人地区の4つに分割されています。
狭いエリアのそれぞれが独特な雰囲気を持っていてエキゾチックな表情を体験できます。

写真のエリアはキリスト教徒の地区です。
建物のアーチの天井にある赤いマークは「十字軍クロス」として知られる「エルサレム十字架」で、
エルサレムやベツレヘムなどいたるところにこの紋章のクロスが掲げられています。




c0128548_20355776.jpg
フランシスコ会が管理している建物です。

14世紀、フランシスコ会はローマ教皇からエルサレムの管理を命じられ、この町の番人としての役割を果たしています。
十字軍によるエルサレム統治に象徴される「力」による聖地奪還ではなく、平和裏に聖地解放を目指すイデオロギーを掲げていました。
その伝統が今日まで引き継がれているのです。

c0128548_2036992.jpg
お花屋さんのおじさん。
エルサレムの花束はボリューム満点!
おじさんにカメラを向けると気分は映画俳優♪みたいにポーズを決めてくれました。
c0128548_20361759.jpg
お花屋さんの隣はヘアーサロン。
ここに住む人の日常が垣間見れます。
c0128548_20362649.jpg
一度も足を踏み入れることがなかった宝石屋さん。
今思えば、素敵なデザインのエルサレム十字架のペンダントヘッドを買っておけば良かった・・・と悔やまれます。
c0128548_20363661.jpg
OLD CITYにも怪しい雰囲気のお土産屋さんは沢山見当たります。
いかにもアラブ人のごっついおじさんがじろっと見るのでささっと写真を撮って通り過ぎます。
c0128548_20364283.jpg
唯一時間をかけて買い物をした焼き物屋さん。
様々なデザインのタイルやお皿、マグカップが狭い棚にぎっちり並べられています。

このお店で買い物をしていたら、見知らぬ観光客の方から声をかけられました。
この土地では珍しい日本人ですから、地震の被害状況を事細かに尋ねられ、
「貴女の家族は無事なのですか??地震の時はどうしていたのですか??」と聞かれました。
地震と津波のの被害、原発災害の状況を話したら、目に涙をいっぱい浮かべて、「よくぞ無事でいてくれましたね」と手を握り締めて抱きしめてくれました。
悲惨な状況なのは東京でなくて、東北なのだと説明したのですが、わかってくれたかなぁ???
「必ずや再び立ち上がる日が来ると祈ってます」とその女性は涙を拭いながら笑顔で言ってくれました。

旅行中を通して、世界各国の様々な方々から、お見舞いと慰めの言葉をいただいたものです。
c0128548_20365189.jpg
本当は沢山買って帰りたかったけれど、エルサレムは旅の初めの頃だったので、ほんの少しだけで我慢。
写真を撮って我慢することを覚えました・・・(苦笑)
c0128548_2037465.jpg
ここはイスラム教徒の地区です。
狭い道幅の両側にぎっちりとお土産屋さんが続いています。
トンネルのような通路の天井からはストールがぶら下がってます。
c0128548_20371342.jpg
難破船から見つかった古いがらくたみたいなのを売っている店もあります。
もしや、磨いたらすごく素敵な品物もあったのかもしれませんね。
ぱっとみたらがらくたにしか見えなかったけれど。。。
c0128548_20372211.jpg
革製品を扱っている露天商も結構見あたりました。
c0128548_20373056.jpg
忘れてはならないのがHoly Goods。
オリーブの木で作られた小さな十字架や、ブレスレットがこうやって売られています。
キリストやマリア様のシールが貼られている安っぽいブレスレットだけれど、この土地の定番アイテムのようです。
地元の人で愛用している人を見かけました。
c0128548_20373886.jpg
ランプ専門店。
この土地ならではのモザイクでできたものや、アラブっぽいものがいっぱい。
買いたくてもかさばるからちらっと見てスルー。
c0128548_20374776.jpg
寄せ木細工の専門店
c0128548_20375348.jpg
今回は本当にスケジュールがタイトで、あまりじっくりと町中をぶらぶらする時間がありませんでした。
この写真を撮ったのは朝7時頃です。
迷路みたいに入り組んだ狭い路地をどきどきしながら走るようにして歩いて、めぼしいお店を見つけて飛び込みました。
店を開け始めていた寄せ木細工店のご主人に一言挨拶して、お店の中を撮らせていただいたのです。
c0128548_2038068.jpg
観光客が訪れる前の朝のOLD CITYは、喧噪とはほど遠い静けさをまとっています。

[PR]
by dianas7 | 2011-06-23 20:38 | イスラエル | Comments(10)
Commented by Saori at 2011-06-24 00:54 x
ぜんぜん知らない町の様子ってほんと面白いね。
自分も一緒にお散歩している気分になりました。
珍しいお土産がたくさん売っているお店屋さん、私も覗きに行ってみたいな~
旅がほかの土地へ続く場合、最初のところでいいな、と思っても買い控えてて後で後悔することってよくあるよね、、、私も何度もありました。
でもこうして写真で見返して後悔の念を抱くのもいい記念?ってことで^^
続きも楽しみにしています♪
Commented by hale-pua at 2011-06-24 09:43
一緒にどきどきしながら歩いてる気分になりました。
宝箱のように見える路地なんですね。
ランプも革のサンダルも陶器もみんな素敵☆*
物欲と時間のリミットに心が乱されそう~
写真にも撮りたいし、じっくり掘り出し物も見つけたいしで・・・・
こんな時に限って私トイレに行きたくなったりするのよね・・(笑)
Commented at 2011-06-24 16:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hummingbird-june at 2011-06-24 22:59
dianasさ~~ん、お久し振りです!!
コメントありがとうございました。
とーーっても嬉しかったです。
こちらこそ、ずっとご無沙汰をしていました。
私も8ヶ月、ブログをお休みしてました。
また、おしゃべりできて嬉しいです(=^・^=)

欧米とは違った雰囲気で写真と文章から
町の様子が伝わってきます。
見てるだけでもワクワクしそう*

お花屋さんのおじさん、キマってますねぇ~^^
花束がとっても似合います。
日本人ではここまでは・・・・

世界中の方が日本のことを心配してくださってるのですね。
何だかdianasさんの記事を読んでジーンときました。

また、よろしくおねがいしますね♪
Commented by dianas7 at 2011-06-25 00:34
☆Saoriちゃん

世界各地を旅しているSaoriちゃんも、こういうところは見たことないでしょ?
ヨーロッパにも欧米にもどこにもない空気、景色、文化が色濃く残っているし、
古いものの基準が今まで知っていた基準とは違うのには驚いたよ。
ヨーロッパだったら、中世のものはそれなりに古い文化遺産でしょ?
ここではローマ時代よりも前のものが古いものだと思わせる、そんな印象を受けたよ。
16世紀のものがまだひよっこみたいに感じるんだよ!

アンティークフリークのSaoriちゃんがここに来たら、きっとやばいわよ(笑)
物欲をどこまでコントロールできるかな???
私?今回は理性に完全に支配されたわ!偉かった、私(笑)

Saoriちゃんの指摘通り、写真見て、買っておけばよかった・・・と
再び後悔の念も抱いてるわ!!
Commented by dianas7 at 2011-06-25 00:38
☆hale-puaさん

団体行動で歩き回っていたので、
好き勝手にお店に入れなかったから写真を撮るのが精一杯。
ちらみしながら、どんなに心を揺さぶられたか!!

暑い夏に皮のサンダルが欲しかった。。。
荷物の制限とこの後の旅での買い物の心配がなかったら、
止めどなく買い込んでいたでしょうね。
トイレね・・・
日本みたいにトイレ事情がよろしくないので、かなり気を遣いましたよ。
Commented by dianas7 at 2011-06-25 00:39
☆鍵コメさん at 2011-06-24 16:30

この週末こそは撮りだめしたかったけれど、
この天候では厳しいかなぁ。
天気図とにらめっこです。

いつもどうもありがとね!
Commented by dianas7 at 2011-06-25 00:47
☆JJさん

お元気ですか???すんごく久しぶりですね!
早速コメントをくださってとーーーーっても嬉しいです。

JJさんも長いお休みをされていたんですね。
たっぷり充電されて、今まで溜め込んでいたものを表現する楽しさを堪能されて
いるのが伝わってきますよ!

この地は世界のどこにもない、独特な雰囲気がありますよ。
細い路地を歩いていて、興味をそそられてばかり♪
お花屋さんのおじさん、なかなかでしょ(^^)役者ですよ。彼は。

旅の間に出会った沢山の方から、それこそ、数え切れないほど様々な国の方から
お見舞いの言葉、励ましの言葉、堪え忍んでいる被災地の方々の態度を称える言葉をいわれましたよ。

気分あらたに、ぼちぼちやっていきましょうね。
これからもよろしくお願いしますね。
Commented by BelgianWaffle at 2011-06-26 01:19
お土産屋さんの写真達が雰囲気ありますね。
焼き物屋は撮りたくなる気持ちわかります。
なんだかカワイイ焼き物ですね。

このあたりの地方は行ったことがないので、
とても楽しませていただきました!!
Commented by dianas7 at 2011-06-26 20:50
☆BelgianWaffleさん

この焼き物屋さんは配色やデザインがユニークで、
見ていてとっても楽しくなりますよ。
物欲も刺激されますが、抑えに走りました。

スペインの焼き物も素敵ですね。
道路脇で売っている焼き物も掘り出し物がありますよね。
<< 上高地 アラビックなお店 >>